京都市中京区円町 手のシビレ 整骨院

京都市 手指のシビレ かがやき整骨院 院長の岡田です!

とても寒くなってきましたね!
こういう寒くなってきた時に増えてくる神経痛「シビレ」について今日はお話をしたいと思います。

それでは「本日の症例」です。

左右の薬指、小指のシビレでお悩みの40歳代女性Oさんが先日ご来院されました。

Oさんは2週間ほど前から指にシビレが出ておられ、肘あたりも常にダルさがありました。

ちなみに普段はデスクワークで、下を向いている時間が長い方です。そして、かなりの猫背の方です。

そして特にシビレが出るのは
朝、起きた時にシビレが1番きつい
夕方、仕事終わりにシビレが出る

そんな状態でした。

一度、シビレが出ると数時間続くこともあり、特に何も動かなくても常に薄っすらシビレがある状態。

実は当院にご来院される前に一度、整形外科に受診されたのですが特に処置はなく担当医から

手をバンザイして寝るように」と言われ薬だけ渡されたそうです。

Oさんは言われた通りバンザイして寝て、朝起きた時のシビレが気持ち少し減ったような気がしたそうですが

ずっとバンザイしたまま寝る生活がいつまで続くのか不安になり、当院へ受診されることになりました。

初回
さて、Oさんのシビレの原因と位置をまず確認していくと

・首の前側
・背中
・脇

このあたりが異常に硬くなっていました。

特に首がガチガチに。

そのため、まず首の筋肉をみていくと

指先のシビレ感に反応がすぐ出ました。

首の筋肉のピンポイントの部分を軽く押すと一時的にシビレ感が少し増える反応が出ました。

そのため、その部分を調整していくと

その場で10→6までシビレが減りました。

そして、背中から脇につながる筋肉も調整をしていくとシビレに直接、反応はありませんでしたが

首肩の緊張がかなり緩みました。

2回目の来院時
初回から5日後です。
施術前にシビレ感を確認すると

・右の指のシビレ感は10→4まで減少
・左の指のシビレ感は10→2まで減少
・肘まわり腕のダルさはほぼ0に

かなり大きな変化が出ました。

今回のOさんのシビレの原因は

筋肉が硬くなり神経に圧迫されていた=普段の姿勢の悪さ、からだのクセ

が大きく影響していました。

この日は、施術後に再発予防のセルフケアをお伝えしました。

ただ整体をして、からだの不調を取り除くだけではなく再発させないセルフケアもお伝えしていきます。

お困りの方は、ぜひ一度ご相談ください!

円町 かがやき整骨院 ホームページはこちら→https://enmati-kagayaki.com/

交通事故対応 お困りの方はこちらから→
https://m.youtube.com/watch?v=mhQxvEosGxw

交通事故のQ&Aはこちら→http://jmk-service.net/osteopathicclinic/504/

電話、メール、LINEでのご相談も受付中!電話番号→0754637208

YouTubeでも当院を紹介!→https://m.youtube.com/watch?v=mhQxvEosGxw

亀岡市健康セミナー講師 岡田良太
中京区で人気 かがやき整骨院