京都市円町 肘の痛み 野球肘 整骨院

京都市 肘の内側の痛み 野球肘 円町かがやき整骨院 をお探しの方へ

それでは「本日の症例」です。

先日、ご来院された大学4回生 野球部のピッチャー Tくんのお話です。

練習中、投球動作をした時に肘の内側に
ゴリッとした感覚」があり、直後に肘が全く曲がらなくなりました。

練習を抜けて、すぐに整形外科に行かれたのですがレントゲンでは肘や腕の骨に異常なし。

そして、Tくんが医師から言われたのが

「肘の内側の靭帯を痛めたのでしょうね。今日は何も処置できないから、とりあえず90度まで肘が曲がるように(小さく前にならえのポーズができるように)なったら、また来てください」
と言われたそうです。

レントゲンを撮って骨に異常はなく、薬とシップを渡されて安静にするようにだけ言われました

肘は全く曲がらないまま整形外科を終えたTくん。

痛みで肘が曲がらないから必死になって整形外科に行ったのに、肘が曲がるようになってから次の処置(おそらく三角巾で固定)を考えると医師から言われTくんは本当に悩んでおられました。

当院には野球部の学生さんが多くご来院されていますが、たまたまTくんと同級生の患者さんがおられたため、Tくんは紹介でうちに来院されました。

初診でうちに来られたのは4日前。

その時、Tくんは左肘を真っ直ぐに伸ばして、全く曲げれない状態でした。

曲げようとしても左肘の内側の痛みが強く全く動かせない。右手で左手を支えての状態。

90度まで曲がるのを何の処置もせずに待っていたら、いつまでかかっていたのかと思いませんか??

ちなみに結果を先に言うと、当院にご来院3回目の施術でTくんの肘は90度以上曲がるようになりました。

①初回施術後
話は戻りますが、まず初回(初診)でカウンセリングや細かい検査を行いました。

まず、肘関節は全く動かないので、その上下に位置する肩関節と手首の関節の動きや関連する筋肉の動きを確認していきました。

肩関節の動きも悪かったですが、まず手首の関節の動きが気になりました。

手首を手前に曲げる動きが明らかに悪く、手首を動かした時に左肘内側にも多少痛みが出る状態。

そのため、まずは左手のひらにある母指球と左手首の関節を調整したところ

その場で30度くらいは肘が曲がるようになりました。ただ、まだ少し動きが悪い状態だったため次に左前腕の筋肉を調整していきました。

すると肘が45度くらいまで曲がるようになりました。

肘関節まわりも少し調整しようと思ったのですが、この日は肘の患部周辺に熱感や腫れもあったため、ここで終了しました。

治すためには計画的に施術を進めることが大事で、ただマッサージしてるだけでは治りません!

②2回目のご来院時
前回の施術後のまま状態は維持できていて45度まで曲がるのは可能だったため次に肩関節まわりの調整と肘まわりを軽く調整。

そうすると80度まで曲がるようになりました。この日は他に肩甲骨と上腕の動きを整えていき、最後に左肘の内側にある骨の周辺に残った硬い筋肉を調整。

ギリギリ90度まで曲がるところまで回復したので、Tくんに笑顔が!!

③3回目のご来院時
動きを確認すると90度までは自分で曲げれるのをキープしていました。

この日は、肩関節・肩甲骨・肘関節・手首の関節の他に背骨や骨盤も含めて全体にバランスを調整していくと

肘は90度以上、曲がりました。およそ110度まで曲がりました。

当初の目標の90度は越せたので、次は1週間後にご来院予定です!

整形外科やただのマッサージで痛みの出ている部分だけにフォーカスしていては本当の意味で良い状態にはなりません。

普段の動作やクセを見極めて、整体を組み立てていくことが大事になります^ ^

京都市 中京区 円町で 野球肘やテニス肘にお困りの方は是非一度、気軽にご相談くださいね。

中京区 円町駅近く かがやき整骨院 公式ホームページはこちらから→https://enmati-kagayaki.com/

電話、メール、LINEでのご相談も受付中です!!
電話番号→0754637208

YouTubeでも当院が紹介されています→https://m.youtube.com/watch?v=mhQxvEosGxw

京都市 肘の痛み 整骨院