京都市 中京区 円町 腰痛 側弯症 膝の痛み 治療院

中京区 円町駅前 腰痛と膝の痛み 側弯症 治療 かがやき整骨院 岡田です。

一時期の暑さに比べたら少し気温が下がったかな?この気温だと夏も乗り越えられそうな気がします。でも私は冬が苦手なので暑い方がまだマシです!笑
各地でスポーツの大会が多く行われていますが熱中症にはお気をつけ下さい。

それでは「本日の症例」です。
本日、ご来院いただきましたのは40歳代 男性 左官職人のIさんでした。

3日前から腰痛がきつくなり仕事に影響が出てきました。

3年前あたりから仕事中はずっとコルセットを巻いての作業。

Iさんは
コルセットを巻いて仕事をするのが当たり前になり、付けていないと不安だった
と言われました。

15年前に今の仕事をされてから、ずっと腰痛はあったのですが、3日前から特に痛みが強く困っておられました。

そして、その少し前から膝に痛みも現れていました。
膝を曲げたり、膝を床に着いたりすると膝の中(奥)に痛みが出る状態です。

まず問診の後に検査を行いました。

そして検査をする前に明らかになっていたのがIさんの姿勢です。

右肩は下がり、背骨は後ろから見てS字にカーブしている傾向がありました。

そして触診では、右の背中 右の腰部が膨れ上がっていました。

背中と腰の筋肉量は明らかに低下していてIさんの年齢から考えると筋力低下がかなり進んでいる状態でした。

その他には

・右おしりのかたさ
・右◯部のかたさ
・骨盤のゆがみ
・足の長さが違う

など多くのポイントが出てきました。

ゆがみのレベルはかなり強度です。

Iさん自身、年々歪みが強くなっていることは気付かれていましたが、かと言って本格的に治療や整体を受けたりしたことはなく、ずっとそのままで生活されていました。

背骨が曲がっている(背骨が歪んでいる)状態でも意外にそのまま放置されている方がおられることも事実ですが、注意が必要です。

今回の腰痛 膝の痛みなど長年の生活で蓄積された分がやはり大きいです。

Iさんの場合は本日は痛みに対しての治療を優先と私は判断して、まずは筋肉の調整を行いました。

腰痛での痛みは10→2まで下がりました。
膝の痛みは10→4まで下がりました。

ですが、ただ今日の痛みが落ち着いたら良いというわけではありません。もちろん、まずは日常生活や仕事に影響が出ないようにすることは大事ですが、再発を防ぐ体作りも大事です。

そのため次回以降は背骨や骨盤のゆがみに対しても調整が必要です。

それはなぜか?

ただ痛い部分の処置だけではなく、本当の原因部分に対して施術を行い、再発しないための予防法や運動療法も必要だからです。

次回、Iさんがご来院された時の様子や治療計画なども含めて、またキーポイントをお伝えしていきます。

腰痛 膝の痛み 側弯症にお悩みの方へ
お問い合わせ TEL 075-463-7208

一度、「円町 かがやき整骨院」で検索!

こちらをクリックすると、かがやきホームページにつながります!→http://houmon-cure.com/

ホームページにてメール お問い合わせフォームを載せております。

腰痛 肩コリ 偏頭痛 四十肩 手のシビレ 産後の骨盤 楽トレ 交通事故 車 バイク 自転車 歩行者 ムチウチ 後遺症 キッズ体操教室

左京区・上京区・右京区・北区・花園 円町 かがやき整骨院