中京区 円町 腰痛 整体

北野白梅町 円町 腰 おしりの痛み治療院 かがやき整骨院 院長 岡田です!

今日は一日、涼しい日となりましたね。
来週も雨が続く日があるようです。
この時期の体調管理は難しいですね。

それでは「本日の症例」です。
本日午前診の最終でご来院された方です。
昨日から右おしり(右殿部)に痛み、右太もも 右ふくらはぎに痛みが出てきた40歳代の女性の方です。

普段は観光地で働いておられ一日中立ち仕事の上に、最近、京都は外国人観光客で賑わっているため毎日のように多忙にされています。

女性Aさんの症状、状態で他には
・疲れてくるといつも右おしりに痛みが出る
・右足に重心を置くと右おしりに痛みが出る
・ギックリ腰を今まで3回した
・1年くらい整体に行けてなかった
・以前、右手の親指の腱鞘炎になった

多くのことがありました。

そして動きとしては→
腰の前傾姿勢と後ろに反る動きは非常に良く、右に体を倒す(右に側屈)動きのみ右おしりに強く痛みが出ました。上記に挙げたように右足に重心が乗るような形です。

基本的には動きの制限はなく、右に体を倒すことだけ痛みが強く出ました。

その動きを基準に検査を行いました。
Aさんが右に体を倒すと同時に、私はある筋肉を押したり、つまんだりしたところ→
①肩甲骨の内側
②右仙腸関節(骨盤)
③右手の〇〇筋
これらのポイントで痛みが減少しました。

特に痛みが減少したのは右手の〇〇筋です。

私はAさんに右手の筋肉のかたさ、痛みで心当たりはないかと尋ねたところ

数年前に右手の親指の腱鞘炎になりました」と言われました。
さらに細かく聞いていたところ、ここ1年くらい仕事で重い物を持つことが多く、以前の右手の親指の腱鞘炎になった部分に違和感があったようです。

結論から言いますと、今回 Aさんの右おしりの痛みの原因として最も影響していたのは右手の〇〇筋だったのです。

決して珍しい事ではありません。
ようするに、普段の体の使い方やクセで、どんな部分でも原因になる可能性があるのです。

Aさんは以前、ある整体に行っておられた時に「原因は腰です」と言われたため、ずっと腰が悪いんだと思っていたそう。
ですが実際に今日、Aさんの治療をして腰は一切さわらずに右おしりの痛みはかなり減少しました。

ようするに痛い部分に原因があるとは限らないのです。

むしろ痛い部分から遠い部分を見逃さないようにすることが、本当の意味で根本的な治療になります。

なかなか腰痛、おしりの痛みが良くならないという方はぜひ一度、当院で整体を受けてみてください。
ご相談だけでも結構ですよ!

TEL 075-463-7208

詳しくは「円町 かがやき」で検索!
コチラをクリックするとホームページに繋がります!→http://houmon-cure.com/

京都市 中京区 腰痛 おしりの痛み治療の円町かがやき整骨院

腰痛 肩こり 手足シビレ 頭痛 産後骨盤矯正 楽トレ 交通事故ムチウチ 後遺症 トレーニング指導 カイロ 地域体操教室

京都市 上京区・右京区・左京区・北区・西院にも近い 円町 かがやき整骨院