右背中の痛み 手のシビレ 整体

京都市 中京区 円町駅前にある 肩 背中の痛み 手のシビレ治療をしている かがやき整骨院 院長 岡田です。

今日はとても暑かったですね。
明日からも暑くなるようですので、お気をつけ下さい!

それでは「本日の症例」です。

40歳代 男性の方で普段はデスクワークが多く、趣味でトライアスロンをされています。
Kさんは近頃→
①パソコン作業中にマウスを操作していると右肩の後から指先までシビレてくる。
②トレーニングで走っていると5キロ地点から右肩甲骨まわりが硬くなり腕が振りにくくなり、肩甲骨まわりにハリが出てくる。
③常に首や肩にハリ感、コリを感じる
などのお悩みをお持ちでした。

デスクワークの上に、日々のトレーニングで体がガチガチに固まっている状態でした。

検査でKさんの痛みが出る動きを検査したところ→
①特に右肩を挙げる(右手をバンザイする)動き
首を後ろに倒す(後屈する)
腰を右に捻る(上半身を右に回す)動き
が悪く、Kさんはそれらの動きをすると右肩甲骨に違和感、そして右手や指がシビレるなどの症状が鮮明に出ました。

その中で、あるポイントを触って同じ動作をして頂いたところ反応が出たポイントがありました。

それは
・首の前側の筋肉
・肩甲骨の外側の筋肉
・脇腹あたりの筋肉
これらが検査で反応が出ました。

そして今回、Kさんの痛みやシビレの大きな原因になっていたのは「胸郭」(胸まわりや背中まわりの連動)の動きの低下でした。
先程、上記で述べた通り、Kさんは普段から
一日中、デスクワーク
日々のトレーニング
をされている上で、自分の体にメンテナンスをしたことに今まで一度もなかったそうです。

実は「胸郭」は現代人は上手く動かせていない傾向にあります。
体のかたさ、動き、柔軟性、本当の意味での「呼吸」がしっかり行えていないなどの課題がある方がかなりおられます。

これは仕事や家事、育児もですがスポーツをする時や日常生活のどの場面でも影響を及ぼすことがあります。

体には「連動性」や「繋がり」があり、どこか一つが狂い出すと人間の本来の動きが出来なくなることがあるのです。

今回のKさんの場合は、それが明確に出ていたため胸部や腹部、背面を中心とした筋肉・筋膜を調整すると右肩甲骨まわりの筋肉のハリ感、手のシビレ感がかなり減りました。

ただ、あと一つ大事なポイントがあるんです。

続きはまた後日、ブログでアップしていきますね。

同じような症状で悩んでおられる方はぜひ、ご相談だけでも結構ですので、お問い合わせ下さい。

TEL 075-463-7208

詳しくは「円町 かがやき」で検索!

コチラをクリックするとホームページに繋がります!→http://houmon-cure.com/

京都市 中京区 円町かがやき整骨院

腰痛 肩こり シビレ 頭痛 産後 骨盤矯正 楽トレ 交通事故 ムチウチ 後遺症 パーソナルトレー二ング カイロプラクティック 体操教室

京都市 上京区・右京区・左京区・北区・西院にも近い中京区 円町 かがやき整骨院・整体院