ギックリ腰 お尻、太もものシビレ

みなさま、こんにちは。
中京区 円町駅前 かがやき整骨院・整体院 岡田です!
最近は少し寒い日が続きますね。

そんな時に増えてくるのがギックリ腰です。
今までに一度はギックリ腰で動けなくなったという方もおられるのではないでしょうか?

昨日、ご来院された40歳代の男性の方が突然のギックリ腰で急遽、ご来院されました。

その方は→
何気なく足元の物を取ろうと手を伸ばした時に腰がピキッとなり、そのまましばらく動けなくなった」と言われました。

その日は「歩く・寝返り」も困難な状態で、次の日の朝一にゆっくり歩いて当院へ来られました。

ご来院された時、患者様の体の様子
「体は右側へ、くの字に傾き真っ直ぐにでぎずに、歩くと腰に振動が伝わり痛いためスリ足で待合室入って来られました。」

予約優先性ではありますが、たまたま午前診の最終に予約の空き枠があったので少しお待ち頂いた後に施術をお受けしました。

まず問診をしていたところ
①ギックリ腰は今回で4回目で、基本的には病院や整形外科には行かず、いつも自然に治るのを我慢して待っていた。
②治るまで、いつも痛み止めとシップで対処
③コルセットをして痛みをごまかす

というように学生の頃に腰痛で整形に行って作ってもらったコルセット、そして別の痛みで整形に行った時にもらった薬とシップで自然に治るのを待っていたそうです。

特に何の処置もしないままだったので、その後ずっとギックリ腰を繰り返してきたのでしょう。ギックリ腰がクセになってしまったのです。

そして検査で痛みの原因を探していきました。
患者様が訴えられる主症状としては
①前かがみ(腰を前に倒す)、後ろに反るが全くできない。
②ゆっくり歩くのが精一杯
③腰の右側とおしり右側に特に痛みが強い
④右太もも外側と後面に軽くシビレがある
とう状態でした。

まずは動きの中で、痛みの原因を探っていったところ→
前かがみの痛みの原因
①右腹部から股関節部分の緊張
②殿部の〇〇筋のかたさ
③背中の〇〇筋の緊張

後ろに反る時の痛みの原因
①殿部の梨状筋の緊張
②仙腸関節の動き
③大腿部(太もも)〇〇筋のかたさ
これらが痛みと動きに大きく影響を与えていました。

今回のギックリ腰の患者様は「寝た態勢での治療が困難」だったので「座位(座って)での治療」となりました。

まず患部である腰の緊張感が強いため、横腹から緊張感とかたさを取っていきました。
後ろ姿を見ていても、かなり体が右に傾いていましたが、まずは真っ直ぐに近い位置まで戻しました。横腹の緊張が6割くらい除去できたあたりで、8割くらいは正常な姿勢に戻りました。

そして、あとは検査で明確になった
殿部、背部、太ももあたりのかたさを取り除くと→
寝返りと腰の前かがみ、腰を反らすのはゆっくりではありますができるようになりました。

ひとまず生活できる状態になったので、この日は治療を終了しました。
ここが、ただのマッサージとは違うところです。揉むだけでは痛みは治せません。
患者様の方の体のクセを見極め、的確に必要な整体をするのが大事なのです。

あなたは間違った腰痛の治療を受けていませんか?
ただのマッサージと電気で何の効果もない治療を受けていませんか?
痛みの原因をしっかり調べて、本気で治したいと思いませんか?

少しでも気になった方は、お気軽にご相談ください!!

詳しくはホームページ「円町 かがやき」で検索!

コチラをクリックするとホームページに繋がります!→http://houmon-cure.com/

お電話でのお問い合わせは075-463-7208

京都  中京区 円町駅前 かがやき整骨院・整体院

腰痛 肩こり 整体 手足のシビレ 四十肩 五十肩 頭痛 産後 骨盤矯正 楽トレ
交通事故 ムチウチ 後遺症 専門治療院 病院 スポーツジム スポーツジムトレーナー ダイエット カイロプラクティック整骨院

京都市 上京区・右京区・左京区・北区・西院にも近い中京区 円町 西ノ京 丸太町沿い かがやき整骨院・整体院