ギックリ腰

みなさま、こんにちは!
京都 上京区 中京区 円町 丸太町通り沿い
かがやき整骨院・整体院の院長 岡田です(^^)

今朝は心地よい風の中、自宅から最寄り駅までバイクで移動していました(^^)
最寄り駅から円町までの電車の中もとても涼しくて、すごく朝は過ごしやすかったです!

では「本日の症例」です。
今日は突然のギックリ腰の患者様がご来院されました。

最初、入り口をゆっくりと前傾姿勢で、すり足をしながら入って来られました。

かなりの重症で、座っているのも立っているのも痛いという状態でした(O_O)
たまたま予約が空いている時間で本当に良かったです。笑
あれだけ痛いのを我慢して来て頂いて、帰ってもらうとかなれば大変だっと思うので良かったです。

症状は右腰のギックリ腰でした。

30〜40㎏ほどのロッカーを持ち上げた瞬間に
グキッとなり動けなくなったそうです。
年齢は20代の方だったのですが、だいぶ体を酷使されてきたようです。

最初、痛い腰の動作をお聞きしました。
前かがみと腰を反る動きがほぼできません。
そこで検査をしました。

検査をしたところ、前かがみと腰を反る動きも①大殿筋②梨状筋が原因だと分かり、他にも原因を探ってみました。

特に、前かがみが痛いと言っておられたのですが細かく検査をしていったところ③〇〇筋が最も大きく影響が出ていることが判明しました。
ちなみに〇〇筋は腰を反る動きにも変化を出しました。

今回の場合、普段からお仕事で長時間、荷物を持つことが多いと言っておられたため、早い段階で最も悪い原因の部分を見つけることができました

問診、検査のあとは治療です。

ギックリ腰が強度だったため、治療は椅子に座っての後、横向きで寝ながらと、上向きのみでやりました。

治療後の変化は、腰の前かがみは45°くらいまで曲がるようになり、腰を反らす動きは天井を見れなかったのが、しっかり見えるまで反れるようになりました。
もちろん帰りは普通に歩いて帰れるまで痛みは落ちました

今後は治療と姿勢を維持する筋肉のトレーニングも治療計画に取り入れ進めていくことをお伝えしました。

このようにギックリ腰と言っても、痛い部分だけが原因ではありません。
必ず原因はあります。
ギックリ腰、ギックリ背中、慢性腰痛でお悩みの方は当院へぜひ、お越し下さい。

どんな小さなお悩み、つらさでもお気軽にご相談下さい^_^
075-463-7208 京都 中京区 円町駅前 かがやき整骨院・整体院

腰痛 肩こり シビレ 四十肩 五十肩 頭痛 骨盤矯正 楽トレ 交通事故 専門治療院 京都 上京区・右京区・中京区 円町 丸太町沿い かがやき整骨院・整体院 075-463-7208 院長 岡田 良太