交通事故(むち打ち・頚椎捻挫)の恐さと治療の大切さ

こんにちは、かがやき鍼灸整骨院の田中です。今回は「むち打ち」の恐さと治療の大切さについてお話していきます。

交通事故に遭ってしまったが、「どうしたら良いのか分からない」そんな方が多くいらっしゃいます。一生のうちに何度もあることではないので無理もありません。

事故直後はそんなに痛くなくても、数日後~10日間くらいの間にだんだん不定愁訴が出てきます。また長い期間でみると、数カ月~数年経ってから痛みが出てくることもあるんです。

僕が今まで担当した交通事故での患者さまで多かった症状は・・・

  • 首~肩の痛み・しんどさ
  • 頭痛・めまい
  • 腰痛・背中の痛み
  • 手足のしびれ

などが多かったように思います、実際にこのように様々な症状が出てきます。

でもなぜ一瞬の事故で、こんなに多くの症状が出てくるのか??

それが「むち打ち」の恐いところです。

京都市の交通事故・むち打ちそ・頚椎捻挫の整形外科・整骨院

むち打ちとは、不意に後ろから追突され、体全身に強い衝撃が加わることで、体だけが先に押し出され、頭は体に引っ張られるような形で動くことになります。頭部は胴体とは逆の方向に動きます。
つまり外力により体が「一瞬でムチのようにしなる」ことで、筋肉(靱帯)神経関節の3つの組織を一気に損傷してしまうからなんです。

一瞬の強力な外力により、体にどんなことが起きるのか?

  • 『筋肉』が損傷すると、筋肉痛で痛み・だるさの原因になる
  • 『神経』が損傷すると、痛み・しびれの原因になる
  • 『関節』が損傷すると、関節がずれて神経を圧迫し、頭痛・めまいの原因になる

一瞬の外力でこんなに組織を痛めてしまうんです。だから「むち打ちは恐い」と言われるんです。

しかし、「むち打ち」は【医学的に認められるものは少ない】のが現状です。
病院や整形外科では画像診断(レントゲンなど)を受けられますが、その画像診断では、むち打ちで痛めた『靭帯や筋肉・神経・関節』は判別がつきづらいので、大きく扱われることは少ないです。よって医師も「様子を見て、また痛かったら来て下さい」という判断になるのです。

実は僕も学生の時に交通事故に遭ってしまった経験があります。
交通事故に遭った時は何が何だか分からず、気付いたら救急車で病院に運ばれていました。
首の痛みが一番強く、他にも肩~手にかけてのしびれ、頭痛、吐き気などもありました。ちゃんと体が良くなるのかという不安がとてもありました。

しかし、僕は直後から当院で適切な治療を受けられたので、今のところ後遺症が残らず快適な状態まで回復しました。
治療をせずに「大丈夫だろう」と放っておいたら、後遺症が残っていたかもしれないので、「しっかり治療しておいて良かったな」と今更ながら思います。

病院では、湿布や痛み止めの薬がと治療の中心となるので、あまり効果が出ていない方もたくさんおられます。また痛み止めの薬に抵抗がある方であれば、なおさら治療の幅が無くなります。

それに対し、当院の治療では、しっかりと問診・検査をおこなった後で、

  • トリガーマッサージ(筋肉に対するアプローチ)
  • 骨格の矯正治療(関節に対するアプローチ)
  • 最新の医療機器(神経・関節に対するアプローチ)

このように3方面からの治療をおこなっていきます。
特に初期の治療は、『丁寧に、かつ迅速に』が大切になってきますので、専門的な知識と技術をもつ当院のスタッフにお任せ下さい。


当院での交通事故(むち打ち)治療のポイント!

 ポイント① 自賠責保険で治療費がかからない!

当院での交通事故での治療は、『自賠責保険』が適用になりますと、患者さまの治療費負担もなく(0円)、通院慰謝料として一日あたり4200円の補償も受けられます。

 ポイント② 待ち時間がほぼ0分!

病院や整形外科は、行くだけで半日仕事になり、貴重な時間が潰れてしまいます。当院は予約優先制ですので『待ち時間もなく』治療を受けていただけます。

 ポイント③ 病院や整形外科との同時通院OK!

当院は、『病院との併用』も可能ですので、「検査は病院」で「治療は当院」というような形で上手に使い分けて頂けるといいかと思います。

交通事故には遭わないのが一番ですが、もし遭ってしまったら、後遺症を残さないように治療を進めることが大切です。
あとで後遺症に悩まないためにも、示談成立までにしっかり治療することが大切です。




【京都市中京区・上京区で肩こり・腰痛、骨盤矯正・交通事故治療・ダイエット】といえば
円町かがやき鍼灸整骨院・整体院


カテゴリ