こむら返り・足がつる時はこうすれば改善する!

夜に足がつっちゃう!!どうしたらいいの?

こんにちは!
かがやき鍼灸整骨院の中川です(^∇^)
最近、良い天気が続いててポカポカですね♪
こんな日は、車でドライブが行きたいです(^^)/

さて、夜寝ている時に足がつって全然眠れないってよくありませんか??
また、つったときにどうしたら楽になるのかわからず困ったなーと思い悩んでませんか?

京都市右京区・北区・上京区でマッサージ・骨盤矯正・こむら返りの治療

そもそも!
足がつるというのは、俗にいう「こむら返り」のことで
「ふくらはぎの筋肉のけいれん」と呼ばれているものになります。

「こむら返り」のメカニズム

  • ①筋肉の疲労によるもの

    長時間立ちっぱなし歩くことが多く疲労が溜まっていると、ふくらはぎの筋肉が疲労を起こし、脳からの指令が常に刺激された状態に置かれ、うまく働いてくれなくなるんです(TT)
    するとけいれんが起こり、つってしまうんです(ToT)

  • ②血流の悪さ・冷えによるもの
    寝ている時に起こりやすい、という方も多いと思います。特に深夜~明け方にかけて。なぜかというと、人間の体温は「明け方が最も低くなっているから」なんです。そのため血流が悪くなり足の温度が下がり、脳からの指令が鈍くなるんです。
  • ③腎臓の機能低下によるもの
    まれにですがこのケースもあります。腎臓が悪くなると、尿と一緒にカリウムなどの栄養素が体から出て行ってしまうことで、筋肉へ栄養が行きづらくなり、それにより筋肉がけいれんを起こすというパターンもあります。

この①~③の状態がベースにあり、寝返りをしたり、布団の重みで足先がのびた状態(つりやすい体勢)となった時に、こむら返りを起こしてしまうんです!


当院での「こむら返り」の治療について。
当院では悪くなっている「ふくらはぎ」や「足底」「下半身」の筋肉を、トリガーマッサージで治療します。じゎ~っとイタ気持ちの良いマッサージ治療です。

すると、①のような筋肉の疲労が取れます。またトリガーマッサージの効果で血流も改善されるので②のような原因にもしっかり対処できます。
基本的には、この治療だけでもかなり改善がみられます。それでも足りない場合は、骨盤矯正で足の長さを整えたり特殊電気治療の「筋肉モード」でさらに改善しやすくなります。

※ちなみに③の腎臓の機能低下によるものは、医師にご相談くださいm(__)m


自分でできる「こむら返り」の対処法
「こむら返り」になった時の緊急の対処法をお伝えしたいと思います!

寝ているときにこむら返りが起こったときには、、、!!
ズバリ!!「足の親指を手前に引く」です!

すると、自然とふくらはぎの筋肉が伸ばされて痛みがおさまってくるんです!根本的な改善にはなりませんが、緊急の時には効果大です!ぜひ一度やってみて下さい(^^)/!


他にも普段の生活で気を付けるポイントをお伝えします。

①お風呂上がりにふくらはぎをつまむように30秒ほど揉み、足の裏をグーでトントンっと30秒ほど叩くこと!

ポイントは、お風呂上がりにすることが大事です!
お風呂上がりにすると、体がポカポカしてて血の流れが良くなっている状態なんです!
さらにそこで、ふくらはぎや足の筋肉をほぐすことでより早く効果的に疲れを取ることができるんです!
今日の疲れを明日に回さないように筋肉に愛情を込めて、揉んで叩いてあげて下さい!(笑)
きっと、筋肉も答えてくれます(^^)/

②ミネラルを取ること!
ミネラルは主にカルシウムやマグネシウムが含まれている食べ物が良いです!!
例えば
桜えび、プロセスチーズ、しらす干し(半乾燥)、カマンベールチーズ、わかさぎ、
いわし、ししゃも、油揚げ、パセリ、厚揚げ、バジル、しらす干しなどを摂取すると足がつりにくくなります!!

栄養を取ってあげると筋肉が喜びますので、ぜひ一度やってみて下さい(^_^)!




【京都市中京区・上京区で肩こり・腰痛、骨盤矯正・交通事故治療・ダイエット】といえば
円町かがやき鍼灸整骨院・整体院


カテゴリ