京都市中京区の野球肘・スポーツ障害の整骨院スポーツ障害・野球肘

スポーツ障害・野球肘・捻挫治らないものだとあきらめていませんか?

画像の説明 こんな症状で困っていませんか?

  • 野球肘が痛くて投げれない
  • 走ってて肉離れした
  • 捻挫をしてから足の違和感が取れない
  • 練習がハードで筋肉痛が治らない
  • 走り込みが多く、シンスプリント(すねが痛む)になった
  • 腰椎の分離症になって腰が痛む
  • 病院では「部活を休む以外ない」と言われる
  • 整形外科では電気と湿布ばかりで良くならない



京都市中京区の野球肘・スポーツ障害の整骨院スポーツ障害の種類と治療法

京都市中京区・上京区のスポーツのケガの整骨院・整形外科

スポーツ障害とは、過度の動作の繰り返し(例えば投球動作、走り込みなど)により起きる障害でオーバーユース症候群と呼ばれています。

当院での治療方法

  • 筋肉に対するアプローチ(保険治療)
    トリガーマッサージ、メディカルストレッチで痛めている所、その関連部分に治療します。
  • ゆがみに対するアプローチ(自費治療)
    骨格のゆがみがあると中心軸が崩れボディーバランスが悪くなります。その場合は矯正治療で軸や関節の動きを良くすることで、痛みと可動域を改善していきます。
  • 関節・神経に対するアプローチ(自費治療)
    関節内・神経の症状には最新医療機器で、痛みを取り除きます。

  • 野球肩・野球肘
    投球動作の繰り返しにより、次第に肘関節・肩関節に痛みが出てくる。腰の回旋(ひねり動作)が上手く出来ていないために、手投げになり、肩や腕や周辺の筋肉・靱帯・関節に負担をかけて起きていることも多い。

  • 肉離れ
    筋肉の疲労・アップ不足など筋肉の動きが悪い状態で、練習や試合をした時に起こります。軽度(Ⅰ度)であれば2週間以内の早期復帰が可能ですが、中等度(Ⅱ度)は約1カ月、重度(Ⅲ度)は約3カ月程度時間がかかります。

  • 捻挫
    足首の内反捻挫が最も多い。軽く見られがちだが、捻挫の初期に固定やアイシング、治療をしておかなければ、痛みがひいた後も足首の【不安定感】で競技に集中できなくなることもある。

  • テニス肘
    テニスやバドミントンで手首や腕のオーバーユース(使い過ぎ)により肘の関節に負担がかかり肘に痛みが出る。肘の内側や外側のだるさ、力が入らなくなるところから始まり(この時はまだ筋肉の痛み)、徐々に肘の関節に痛みが出る。

  • シンスプリント
    走り過ぎにより、足のスネの部分に負担がかかり痛みが出る。この場合、足裏のアーチ部に疲労が蓄積されており、走った際の衝撃がアーチで吸収されずに、下肢に負担がかかることにより痛みが出る。



京都市中京区の野球肘・スポーツ障害の整骨院アフターケアもお任せ下さい!

当院では、アスリート(学生さんを含む)の状態を見極め、『今どこにどんな治療必要か』『早期復帰するためにどんなトレーニングが必要か』を真剣に考え、しっかりと的確な治療をおこないます。

京都市中京区・上京区のスポーツ障害・スポーツトレーナー
  • アイシングのタイミング
  • 症状別のセルフストレッチの仕方
  • 再発予防するための筋トレの仕方
  • 体(コア)の使い方

使う量の制限も大切ですが、このようなケアの仕方を覚えるだけでも再発予防につながります。